Burgundy


オートペイント・ボディワーク バーガンディ

Auto body work and paint specialist

プロが認める ボディワーク クオリティ

国の内外を問わず、有名なチューナやビルダーは必ず優れたボディショップをパートナーに擁している。どんなにイノベーティブなエンジニアリングワークが施してあろうと、外見すなわちボディーワークでやってしまっていては台無しであり、その大切さを知っているからだ。同様にクラシックカーや高級輸入車などもボディワークがその価値を左右する重要なウェイトを占めるという点で、そうした趣味性の高い車両のディーラ達は腕のいい鈑金職人の情報には非常に敏感で、その情報収集には余念がない。そんな目の肥えたプロ達が全幅の信頼を寄せるのがペイント&ボディワークのプロ集団、バーガンディ。冒頭の通り、有名ビルダーや外車ディーラーのリフィニッシュや製作を担当することが多く、あまりショップ名が前面に出てくることはないが、ホットロッドカスタムショー出展車両や通常の鈑金塗装ショップで敬遠された車両などをてがけてきた。

バーガンディではこうした一般のショップでは対応が困難な少量生産車、輸入車、カスタムカー、ビンテージカーなどのボディワークについても多くの経験と実績を有している一方で、一般的な小キズの補修や保険適用修理・各種コーティングなどの日常的なケアも対応している。カスタムカーの製作・ビンテージカーのレストレーションまで、業界経験25年以上のプロフェッショナルチームがあらゆる相談・依頼に応えてくれる。

標準メニュに無い作業についても気軽に相談可能。予算や納期、仕上がりの品質レベルなどの希望をしっかりときいて理解した上で、最適な方法・お見積りを提案してくれる。ご不明の点や、具体的なご依頼・大まかな費用・予算のお見積りなど、まずは気軽に相談してみてほしいとのこと。

 

burgundylogomk
バーガンディ
鈑金塗装 ペイント & ボディワーク

HOME PAGE:http://burgundy.link

ADDRESS: 住所: 神奈川県川崎市麻生区黒川623
営業時間: 午前9時 - 午後7時 (日曜・際祝日定休)
PHONE: 044-455-4903
FAX: 044-455-4904

Datsun Freax


 

The Far East DATSUN Parts and Service Specialist

Specializing in DATSUN Export models AKA USDM

北米仕様日産旧車 DATSUN 輸入・レストア・パーツを幅広く取り扱い

ダットサンといえば、かつての日産の小型車販売ディーラ、もしくは小型トラック・ダットラを思い出すひとが多いだろう。若年世代になると、きいたことがないという人も多いかもしれない。しかし、海外では日産車は1980年代まで、全てDATSUNブランドで販売されていた。このため、海外では日産旧車はNISSANとしてよりはDATSUNとしての方が知名度が高い。特に北米市場では1970年代に当時のUS NISSAN社長片山豊の徹底した市場調査から生まれたDATSUN240Z(初代フェアレディZ)が大ヒットし、1975年にはDATSUNは米国輸入車販売台数第一位の人気ブランドとなった。

北米の安全基準、性能要求(過酷な寒暖差・高速巡航)、そしてデザイン指向に合わせた専用パーツを装備した北米輸出モデルは北米仕様とよばれ、日本車でありながら、アメリカンな押しの強い雰囲気を醸しだすことから、実は新車、旧車問わずコアなファンが存在するスタイル。特にDATSUNはDATSUN240Zの他にも後継の280ZX(130Z)やDATSUN510(ブルーバードP510)がレースなどで大活躍したこともあり、有名なアメリカンブランドから、今もたくさんの専用パーツが販売されているので、日本車でありながら、国内の旧車とはまた違ったテイストやスタイルを楽しむことができる。一方で、純粋な外車やアメ車とは異なり、エンジン、ブレーキ、ボディなどの基本パーツは国内モデルと共通のため、パーツの流用・確保や情報入手も有利な点が多い。

1975datsuns

DATSUN FREAXでは、そんな北米仕様のDATSUNを中心に、北米・オーストラリアからオーダに基づく車両探し、車両輸入・登録の他、レストア・メンテナンスはじめ、日産純正パーツ、希少NOSパーツの輸入・販売している。FREAXの名前のとおり、240Zや510といったDATSUNの王道モデルだけでなく、710(バイオレット)・200SX(シルビア)・B210(サニー)といったマイナーなモデルにも光をあて、スポーツモデルだけでなく70Sのアメリカの国民生活や文化に浸透していったコンパクトモデルも取り扱っている。また、同時期のトヨタやKAWASAKIなどの2輪車についての北米仕様モデルなどを常時ストックしている。

ホームページには商品の情報だけでなく、モデルガイドや北米でのレース史、YOUTUBE動画の紹介・解説などのコンテンツなどにも力を入れているので、ちょっと変わった日産旧車を探している、北米仕様のDATSUNに興味のある方は是非一度アクセスを。車両販売だけでなく、購入後のメンテナンスやドレスアップ用パーツもKyusha.netのフリーマーケット・オークション VINTAGE CITYに出品している他、出品以外にも希少NOSパーツを多数在庫している。在庫以外のパーツについても国内外のパーツディーラに照会可能なので、お探しのパーツ・車両ある方はホームページの問い合わせからまずは相談を。

logo

HOME PAGE:HTTP://WWW.DATSUNFREAX.COM

ADDRESS: 252-0156 神奈川県相模原市緑区青山2932-8

PHONE: 050-1549-8849

FAX: 050-1549-8849

MOBILE: 080-4919-1968

 

DATSUN FREAXのVINTAGE CITY内の出品をチェック!

citybanner0

 

 

Bruco Garage & Industrials


ガレージだって自分のスタイルや価値観を表現したい

ビンテージな機械(クルマ、バイクに限らない)と上手につきあっている人の多くは、使いなれた工具や道具を持っていて、それを無駄なく使う。それは必ずしも高級とは限らないし、高性能ともかぎらない。工具の数や種類もまちまち。ただそれぞれの経済力や技術力、暮らし方にあった、つまり身の丈にあった機械との付き合い方を心得えて、それを自然体で実践している。結果、無理なく長く続く。

 

アメリカ国内の老舗ブランドのプロダクトを厳選

BRUCO Garage & Industrials では そんな使い慣れた道具、オーナと調和した道具の延長上としてのガレージづくりに欠かせないプロダクツを厳選、おもに北米市場で永きにわたり支持されてきたスタンダードなデザインのツール、家具、デバイスを輸入・販売している。バイヤーやスタッフが実際に業務・プライベートで使用して自身と思い入れをもってお勧めするブランドや製品だけをセレクトしたラインアップは一見の価値あり。サイトでは製品のスペックや性能紹介だけでなく、その製品の開発コンセプトや歴史的なバックボーンにも言及したユニークなアプローチも取扱い製品へのこだわりの現れ。

LOGO

American Vintage and Standard Industrial Spec Equipments for your Garage
Mail: bruco@freax.jp
Address: 252-0156 神奈川県相模原市緑区青山2932-8
Phone: 050-1549-8849
Fax: 050-1549-8849

http://www.bruco.co