Datsun Freax

datsunbanner


 

The Far East DATSUN Parts and Service Specialist

Specializing in DATSUN Export models AKA USDM

北米仕様日産旧車 DATSUN 輸入・レストア・パーツを幅広く取り扱い

ダットサンといえば、かつての日産の小型車販売ディーラ、もしくは小型トラック・ダットラを思い出すひとが多いだろう。若年世代になると、きいたことがないという人も多いかもしれない。しかし、海外では日産車は1980年代まで、全てDATSUNブランドで販売されていた。このため、海外では日産旧車はNISSANとしてよりはDATSUNとしての方が知名度が高い。特に北米市場では1970年代に当時のUS NISSAN社長片山豊の徹底した市場調査から生まれたDATSUN240Z(初代フェアレディZ)が大ヒットし、1975年にはDATSUNは米国輸入車販売台数第一位の人気ブランドとなった。

北米の安全基準、性能要求(過酷な寒暖差・高速巡航)、そしてデザイン指向に合わせた専用パーツを装備した北米輸出モデルは北米仕様とよばれ、日本車でありながら、アメリカンな押しの強い雰囲気を醸しだすことから、実は新車、旧車問わずコアなファンが存在するスタイル。特にDATSUNはDATSUN240Zの他にも後継の280ZX(130Z)やDATSUN510(ブルーバードP510)がレースなどで大活躍したこともあり、有名なアメリカンブランドから、今もたくさんの専用パーツが販売されているので、日本車でありながら、国内の旧車とはまた違ったテイストやスタイルを楽しむことができる。一方で、純粋な外車やアメ車とは異なり、エンジン、ブレーキ、ボディなどの基本パーツは国内モデルと共通のため、パーツの流用・確保や情報入手も有利な点が多い。

1975datsuns

DATSUN FREAXでは、そんな北米仕様のDATSUNを中心に、北米・オーストラリアからオーダに基づく車両探し、車両輸入・登録の他、レストア・メンテナンスはじめ、日産純正パーツ、希少NOSパーツの輸入・販売している。FREAXの名前のとおり、240Zや510といったDATSUNの王道モデルだけでなく、710(バイオレット)・200SX(シルビア)・B210(サニー)といったマイナーなモデルにも光をあて、スポーツモデルだけでなく70Sのアメリカの国民生活や文化に浸透していったコンパクトモデルも取り扱っている。また、同時期のトヨタやKAWASAKIなどの2輪車についての北米仕様モデルなどを常時ストックしている。

ホームページには商品の情報だけでなく、モデルガイドや北米でのレース史、YOUTUBE動画の紹介・解説などのコンテンツなどにも力を入れているので、ちょっと変わった日産旧車を探している、北米仕様のDATSUNに興味のある方は是非一度アクセスを。車両販売だけでなく、購入後のメンテナンスやドレスアップ用パーツもKyusha.netのフリーマーケット・オークション VINTAGE CITYに出品している他、出品以外にも希少NOSパーツを多数在庫している。在庫以外のパーツについても国内外のパーツディーラに照会可能なので、お探しのパーツ・車両ある方はホームページの問い合わせからまずは相談を。

logo

HOME PAGE:HTTP://WWW.DATSUNFREAX.COM

ADDRESS: 252-0156 神奈川県相模原市緑区青山2932-8

PHONE: 050-1549-8849

FAX: 050-1549-8849

MOBILE: 080-4919-1968

 

DATSUN FREAXのVINTAGE CITY内の出品をチェック!

citybanner0

 

 

2 thoughts on “Datsun Freax

  1. 全日本ダットサン会の会員です。厚木在住なので、いつか遊びにお邪魔しても宜しいでしょうか?所有車は、ブルーバードRG811とDP410です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>