Better Known Names PART1

DSC04110

愛称を持つ旧車とその由来を調べてみた。

■あだ名は人気者の証し

ブタケツ、ダルマ、クジラ、ケンメリ・・・サンマル、ニーナナ、ヨタハチ・・・旧車好きや車好きの会話では車種名ではなく型式や愛称が使われることが多い。長寿の車種・シリーズになると車種名だけではどの世代のモデルを指しているか特定できないからだ。でもそれだけではない。そこには単にモデルを区別するための記号を超えた意味や想いや歴史が込められている。特に愛称については決まった命名ルールがるわけでもなく、誰ともなくそう呼び始め、いつのまにか定着したものが多い。それだけにそのモデルの特徴や印象を喚起する絶妙なものが多く、また愛称で呼ばれる車というのは良くも悪くも人々の記憶・印象に強く残った特徴・インパクトを持ったモデルのことが多い。名車であれ迷車であれ、人々の記憶に強い印象を残した愛称で呼ばれることの多いモデルを集めてみてみえてくることとは。(ハチロク、サンマルなど型式で呼ばれているものや、エスハチ、べれジーなどモデル名を短縮してるだけのものは挙げるときりがないので省略しました。)

■スカイライン

調べてみるとスカイラインは愛称の多さでもその知名度・浸透度という点でも別格だった。しかも、こうして眺めてみると、単に人気がある、高性能というだけではなく、各世代がそれぞれ濃いキャラを持っていて、それが愛称という親愛表現につながっているように思える。ここに挙げたモデルはちょうど桜井眞一郎がスカイラインの開発を統括していた時期に一致している。こうしてみるとスカイラインでありながらも各世代が強烈な個性をもったモデルばかりであることに気づかされる。桜井眞一郎というと技術者としての才能・功績が協調されがちだけれど、車の個性を際立たせるキャラづくりの天才でもあったということに改めて気づかされる。

愛称 代表的なモデルの写真 型式 販売期間 由来?
赤バッジ  1 S54B-II 1965 – 1968 エンブレムの配色
青バッジ  2 S54A-II 1965 – 1968 エンブレムの配色
ハコスカ  3 C10 1968 – 1972 ボディ形状
ケンメリ

ヨンメリ

 4 C110 1972 – 1977 CMキャラクターキャッチコピー
ジャパン  5 C210 1977 – 1981 キャッチコピー
鉄仮面

(後期)

 6 R30 1981 – 1985 フロントマスク
セブンス  7 R31 1985 – 1990 ジェネレーションが

 

■プリンス グロリア

先進的技術やデザインを取り入れた意欲作を多く送り出しながらも、それゆえに経営面では苦戦を強いられ最終的には日産に吸収されて消滅したプリンス。そのプリンスのフラッグシップだったグロリアにも野心作多く、その特徴から愛称で呼ばれることが多い。そういえば、スカイラインももともとはプリンスのモデルだったし、桜井眞一郎もプリンス出身だった。スカイラインもグロリアも合併後廃止の方針が決まっていたが、根強い人気により存続。廃止どころかドル箱シリーズといっていいラインに成長していった。

愛称 モデル写真 型式 販売期間 由来?
ハチマキ 59 S40系 1962 – 1967 ボディ形状モールデザイン
タテグロ  64 A30系 1967 – 1971 ヘッドライト配列

 

■クラウン

1955年以来60年にわたる不動のトヨタ看板モデル。派生車種も多く、もはやひとつのブランドといっていい存在に。クラウンというと保守的で和風なイメージが強いが、攻めてた時期もあって、そんなモデルに限って印象に残ってしまうものなのか、愛称で呼ばれることが多い。でも、オニクラなんかより、現行のマジェスタなんかの方がよっぽど人相悪くないですか。

愛称 モデル写真 型式 販売期間 由来?
カンノン

ビラキ

91 S40系 1962 – 1967 前後ドアが観音開き
クジラ 96
A30系 1967 – 1971 フロントマスク(バンパー)形状
オニクラ 125
S40系 1962 – 1967 ヘッドライト・サイドマーカデザイン
ゼロクラ 109a
A30系 1967 – 1971 キャッチコピー

 

■デボネア

グロリア、クラウンときたので高級車くくりということで。クラウン、セドグロのセグメントに食い込もうと三菱が放ったモデルで、GMのデザイナを雇って描かせた本家アメリカの先進デザインを取り入れたスタイルだったが、セールス的には不発。そのせいもあってか、モデルチェンジもないまま1964年から1986年まで20年も販売されつづけ、ついたあだ名が走るシーラカンス。。。

でも実は初代センチュリーはもっと長い間(なんと30年)モデルチェンジしてなかった。それが完成度の高さの証しと映るところがセンチュリーののすごいところ。

愛称 モデル写真 型式 販売期間 由来?
シーラカンス 126 A30系 1964 – 1986 長すぎた販売期間

 

■テンロクその他

1600CCクラスをこう呼んだ時代があった。70年代、マイカーブーム、スポーツカーブームの主戦場ともなったこのクラスだが、愛称を持つモデルは以外と少ない。少ないので2000CC以下の乗用車(軽自動車以外)まとめてしまう。

愛称 モデル写真 型式 販売期間 由来?
ダルマ

(セリカ)

115 TA22 1971 – 1978 ボディシェイプ
エルビー

(セリカ)


116
TA27/RA25/28 1973 – 1978 モデル名イニシャル
銭ブル

(ブルーバード)

38
410 1963 – 1967 銭型警部パトカー
サメブル

(ブルーバード)

128
610 1971 – 1976 フロントマスク
ブタケツ

カンオケ

(ローレルHT)

 

127
C130 1972 – 1977 リアバンパーボディ形状

 

■思わず名前がつけたくなるキュートなボディ

そして忘れてはならないのが軽自動車。やはり、個性的で印象にのこる名車ぞろい。

愛称 モデル写真 モデル 販売期間 由来?
テントウムシ 123 スバル360 1958 – 1970 ボディ形状
ケサブロウ  121 K360 1959 – 1970 モデル名
水中メガネ
120
ホンダZ 1970 – 1974 リアウィンドウトリム
マー坊
122
スズキ

マイティボーイ

1983 – 1988 モデル名キャッチコピー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>